入れ歯作りの失敗談から学ぶこと

97de0c8b01df95a823a3f5e8c18fedf0_s

Yahoo知恵袋でこんな入れ歯の失敗談が載っていました。父さんが以前、保険が利用できる入れ歯を製作しました。けれど、いくらメンテナンスに足を運んでも結局よくならず、この前この歯医者さんのスタッフさんにたまたま行き会った時に、 初回の型取りで間違えてたのをお知らせいただけました。

けれども、その歯医者さんに尋問したところで却下すると思いますし、スタッフさんにも気を遣うので、他の一目を置かれる歯科を追求し手配を取り入れました。こんな体験談でした。

この事から私が思うのは情報はきちんと取り入れなければということです。インターネットの発達で様々な情報が溢れるようになりました。その中から良い情報だけを集めるのは容易ではありません。

ですがきちんと入れ歯作りに適した歯医者の選び方を探そうと思えばきちんと情報は見つかるはずです。とは言いましてもどうやって基準を設けて探せばいいの?と疑問に思うかもしれませんので簡単に紹介したいと思います。

まず1つ目が入れ歯を専門とした歯科医師がしっかりと在籍しているかと言う点。入れ歯は実は難易度が高い治療の一つです。なのでしっかりとした経歴を持った歯科医師が在籍している医院を選ぶ必要があります。

これはその医院のホームページを見れば分かることでしょう。そして2つ目が歯科技工士が在籍しているということ。一般的にあまり知られていませんが入れ歯を作っているのはその歯医者さんではなく別の専門の技工所であるケースが実は多いのです。

これも入れ歯治療が難易度が高いからです。なので歯科技工士が在籍しているということはその医院はしっかりとした技術を持っているということになります。

これら2つの条件を満たした歯医者さんならきちんとした入れ歯治療を受けられることでしょう。ちなみに今回の歯医者選びの基準を参考にしたのはこちらの記事です。

 

日記

Posted by moko


PAGE TOP